読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

私の平匡さんはいずこ~28歳婚活体験記~①

「逃げ恥」で夢を見たかと思えば、「タラレバ」で一気に現実に引き戻された。そんな人は多いのではないか。私もその一人である。

 

実は11月から婚活をしていた。おそらく、こんなきっかけで婚活する人なんて日本全国探してもそういないと思うが、私が婚活を始めたきっかけは、ジャニーズに冷めたことである。これを人に話すと、たいてい「意味が分からん」と言われる。うん、ですよね。何はともあれ、始めた。背中を押してくれてありがとう、ジャニーズ。長年親しんできた趣味が一つなくなったことで暇になった私は、何かすることはないかと考えた。そこで思いついたのが婚活だった。ゆくゆくはやろうと思っていたので、今がそのときだと思い、結婚相談所へ駆け込んだ。アニメに再びのめりこんだのも同じころ。ジャニーズを失って、婚活と二次元に邁進することになった。進歩したのか退化したのか。

 

2年前に一度、興味本位で婚活パーティーへ行ったことがある。友達が立て続けに結婚した時期で、私も動いた方がいいのかもしれないと軽い気持ちで参加した。が、完全に場違いだった。「歴史や神社仏閣が好きな人」というテーマのパーティーだったのに、そういう話ができた人は一人だけだった*1。え、みんなテーマは無視なの?中にはまったく会話にならない人もいた。こちらが何を聞いても答えない。やる気あるのか。そもそも、男女とも年齢層が高かった。男性は40代、女性は30代が多かった。私が最年少だった。始まって草々、帰りたくなった。官兵衛の人と無理やりカップル成立したが、何も収穫はなかった。

そんなことがあったので、婚活をするにしてもパーティーはやめておこうと決めた。話せる時間が短いので、見極められない。それに、容姿がいい人やコミュ力が高い人に人気が集中するだろうから、どちらも自信がない私が戦えるわけがないと判断した。街コンも同様の理由で却下。街コンは単なる出会い目当ての人が多そう、かつ、年齢層が低そうなイメージがある点からも避けた。合コンはセッティングしてくれるような知り合いがいないし、ましてや自らセッティングなんてできないので不可。

最も利用者が多いと思われるネット婚活は、安全性が気になるのでやめた。安全なものも出てきているようだけど。手軽でお金もかからないので始めやすいが、なんとなく信用しきれないのでやらず。また、しばらくやりとりしてから会うことになるので、会うまでに時間がかかるところも難点。

その結果、結婚相談所を選択した。確かにお金はかかるが、入会時に様々な証明書の提出を義務付けられているので信頼できる。また、担当の人がついてくれるので、孤独になりがちな婚活でも相談できるのが心強い。中にはひどい人もいるらしいが、幸い私の担当者さんはとてもいい人で話しやすかった。

 

①お見合い写真を撮る

まずは写真を用意しなければならない。パステルカラーの服がいいと言われたが、暗い色の服しか持っていなかったので、服を用意するところから始めなければならなかった。しかし、季節が季節なので、パステルカラーの服が全然売っていない。あっても、甘々すぎるやつ。いろんな店を回って、ようやく水色に見えないこともない薄いグレーのワンピースを買った。私が持っている服の中で一番高い。

結婚相談所と提携しているスタジオで撮影してもらった。ヘアメイクもしてもらったのだが、プロはすごいな!はっきり言って別人になった。今まで、化粧品売り場のカウンターや結婚式出席用に美容院でメイクしてもらったことはあるが、こんなにきれいにしてもらったのは初めてだった。感動した。現在、このときのメイクを再現しようと奮闘しているのだが、ちっとも再現できずにいる。カメラマンさんの技術も高く、普段の自分の5割増しくらいの写真が撮れた。もはや詐欺写真。奇跡の一枚ってやつか。加工はしていないのですごい。今、自分が死んだらこれを遺影にしてくれと家族に頼んでおいた。撮影後、お昼時だったのでレストランで昼食をとった。会計のとき、初老のダンディなウエイターさんが私に「オーラが澄んでいますね」と言い放った。え?オーラ?一瞬事態が呑み込めなかった。そんなことを言われたのは生まれて初めてだった。うれしかった。挙動不審になりながらお礼を言って、そのまま軽い足取りでアニメイトへ向かった。

 

②写真とプロフィールで選ぶイベント

入会時に勧められて申し込んだイベント。年に数回開催されるらしい。同じようにイベントに参加している全国の会員のプロフィールを閲覧して、気になった人にお見合いを申し込めるというもの。あまり乗り気ではなかったがやってみた。タブレットを渡されてプロフィールを閲覧していくのだが、人数が多いので疲れる。時間も限られているのでさくさく見ていったところ、気になる人があまり見つからないまま見終わってしまった。やばい。10人選ばないといけないルールだったので、もう一度見直し、ちょっとでも気になった人にはチェックを入れ、なんとか10人選んだ。これはやらなくてもよかったと思っている。疲れただけだった。

 

③お見合いの申し込みが来る

入会してしばらくすると、上記のイベントで私を選んでくださった方々のプロフィールが自宅に届き始めた。15人くらいだったと思う。これが多いのか少ないのかはわからない。私が申し込んだコースには、会員サイトから相手を探せるサービスがついていたため、こちらからも5人くらいから申し込みがあった。ちなみにこちらのサービスは結局、一切使わなかった。

イベントから申し込んでくださった方のうち、4人とお見合いすることになった。

 

つづく。 

 

3/4追記

*1:その人とは軍師官兵衛で盛り上がった