読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

SMAPの騒動を受けて漂流する気持ち

 来年はどんな年になるのだろうか。想像もしないようなことが起きるかもしれない。できれば、悲しいことは起こらないでほしいが。

 昨年の最後に更新した記事で書いた言葉である。深い意味はない。ところが、年始早々、波乱の幕開けとなった。文字通り「想像もしないようなこと」が起こってしまって、自分の言葉に震えた。余計なことを書くんじゃなかった。

 

SMAPの一連の報道を受けての世間の反応はだいたい把握した。さまざまな考えがあって当然である。報道される内容もどこまでが本当かわからないし、偏りがあるのも事実だろう。しかし、いろいろ見てみたものの、自分の気持ちに近い意見はごくわずかだった。この件は意見が分かれるようだ。そんな中で、太一くんのコメントはとてもしっくりきたので救われた。

何を読んでもあまり腑に落ちなかったのは、私自身の考えがまとまっていないせいもあるだろうが、要は、会見を見ても何ひとつはっきりしたことがわからなかったからではないか。誰も本当のところがわかっていないままで意見を述べているので、核心をついているのか、はたまた的外れなのかさえ、判断のしようがない。だから、漂流したまま、もやもやしている。

この件については、何も書かないでおくつもりだった。何を書いても、ちがうような気がしたので。うまく書ける気がしなかったし、十分議論し尽くされたとも思った。だが、このもやもやを書き残しておくことに意味があるのではないかと思い始めた。将来、何かのヒントになるかもしれない。ならないかもしれない

 

現時点で思っていることをまとめてみると

 

①結局よくわからない

②そんなに謝らないで

③会社の内部事情が公になったことが問題

④タレントを好きな気持ちに変わりはない

 

①結局よくわからない

マネージャーさんがやめるのは事実だとしても、独立を画策したという話は本当なのだろうか。憶測でしかないが、4人は明確な意思を持って独立を考えたと私にはどうも思えない。長年お世話になったマネージャーがやめることになって、自分たちはこれからどうすればいいのだろうと考えただけなのではないか。仮に、「退社します」と事務所に明言して、そのあとに翻意したのならともかく、噂の段階に過ぎなかったのだとすれば、そこまで彼らを責めることはないのではないかと思う。彼らは迷っていただけだったのでは。本人たち不在のままで話が進んだのではという気もする。それに、もし翻意したのだとしても、SMAPほどの功労者であれば、聞く耳を持つべきだ。独立するなんて言われたら、そりゃ事務所側にすれば面白くないだろうが、そんな簡単に終わらせてしまっていい関係ではない。普通のサラリーマンの独立とは違って、多くの人に影響を与えるのだから。

 

②そんなに謝らないで

5人の会見を見て、まず思ったのは「そんなに謝らなくていいのに」ということ。沈痛な面持ちで謝罪の言葉を繰り返すメンバーを見て、不祥事を起こしたみたいじゃないかと思った。騒動になってしまった以上、謝罪する必要はまったくないとまでは言い切れないが、それにしても謝りすぎだった。アイドルが謝罪する場面は何度も見てきたが、毎度気が滅入る。そして、よく目にするのが、不祥事や騒動の元となる出来事を起こした張本人ではなく、ほかのメンバーが謝る姿である。今回はそれらとは異なるが、似たような違和感を感じた。本来謝らなくていい人が、謝らされているように映ったためだろう。

 

③会社の内部事情が公になったことが問題

ジャニーズのファンなら誰しも、一度や二度は「あのクソ事務所!」と思ったことがあるだろう。チケットの申込方法や落選時の返金方法など、とてもファンにやさしいとはいえない対応がなされている。企業として大いに問題があるのは間違いなく、早く改善しろと思う。

しかしこれは、今回の件とはまったく別の話である。今回、私が気になったのは、会社内部のもめごとがあらわになった点である。どの会社でも程度の差こそあれ、内部では何かしら問題を抱えているだろう。問題や対立があることは珍しいことではない。それによって会社が発展していくこともあるだろうから、一概に悪いとはいえない。ただ、それを世間に知られてはいけないと思う。「あの会社、もめてるんだ」とイメージダウンになるだけで、プラスになることは何もない。

SMAPの独立が決定したのなら、大きく取り上げられても仕方ないが、噂の段階で報じられたのがいけなかった。事務所の力でいくらでも火消しはできただろうに(よくないけど)しなかったのは、公になっても構わないと考えられていたから、という気がしないでもない。現に、昨年の週刊文春に「ここまで書いていいのか」というほどのインタビュー記事を載せていることからも、内部のもめごとを表に出してもよいというスタンスであるように感じる。そんなのこちらからすれば知りたくもないし、知る必要もない。勝手にしろ、ただ、タレントにまで迷惑をかけるなよと思うだけである。今回はとうとう、迷惑がかかってしまったわけだが。

 

④タレントを好きな気持ちに変わりはない

おそらく、今回の件を受けてSMAPを嫌いになったという人はほとんどいないだろう。「解散しないで」という意見が大多数だ。これをきっかけに、自分とSMAPの関係について考えた人も少なくない。私も考えた。特にファンというほどではないが、物心ついたころからSMAPは当たり前のように存在し、自然と彼らのことは刷り込まれていった。SMAPはずっとスターだった。余談だが、中学生のとき、芸能界のことをまったく知らない後輩が、SMAPだけは知っていたというエピソードがある。どんな生活をしていたらそんなことになるのか気になったが、そんな人でさえもSMAPは知っているという事実に感動した。

一時的ではなく、今もなおトップスターでありつづけるアイドル。SMAPが多くの道を切り拓いてくれたおかげで、後輩たちもさまざまな分野で活躍できるようになり、中には、自ら新たな分野を切り拓く人まで出てきた。先駆者であるSMAPが与えた影響は計り知れない。SMAPがいてくれてよかった。そして、これからも彼らの活躍を見たい。そう思うだけである。落ち着くまでまだまだ時間がかかるだろうし、困難を極めるだろうが、負けないでほしい。