読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

私の2015年アイドル5大ニュース

girls J

今年も残すところあとわずかとなった。少し早いが今年の総まとめをしようと思う。この1年に起こったアイドルに関する出来事で印象的だったものトップ5を挙げてみる。ひょっとすると、あと2週間ほどでまだ何かが起こるかもしれないが、とりあえず。あくまで私個人の印象に残ったことなので、世間とは大きくかけ離れている可能性大。

 

 

 

 

第5位 東京女子流 いきなりアーティスト宣言

 

私が初めて本気でハマった女子アイドル(と呼んでいいのかわからない)である東京女子流が1月、「アイドルをやめてアーティストになる」と発表した。女子流はルックスもパフォーマンスもハイレベルで、楽曲がおしゃれで凝っているので好きだった。ところが、ここにきて突然のアーティスト宣言。今まで歌ってきたアイドルっぽい曲は封印し、アイドルフェスやイベントへの参加もしないとのこと。別にアイドルだろうがアーティストだろうがどっちでもいいが、それを判断するのは受け手なのでは。「私たちはアーティストです」と押し付けられるのは、なんだかなあと思った。何より、今までの曲を歌わないなんてファンを置いてけぼりにするのもいいところである*1。何がアイドルで何がアーティストかという議論はよくされるけれども、結局アイドルを下に見ている印象を受けるから嫌な感じがするのだ。なお、女子流は現在メンバーが一人欠けた状態で、先行きは不透明である。好きだっただけに残念*2。また浮上してくれたらいいのだけど。

 

 

 

第4位 阿部亮平さん みごと気象予報士合格!

 

私の結婚したいジャニーズNo.1である阿部亮平さんが気象予報士試験に合格された。同時に岸本くんも合格し、大変な快挙である。多忙な中、仕事と学業の両立でさえ難しいのに、さらに気象予報士の勉強までしていたというのだからすごい。しかも、受験を周りには内緒にしていたところがかっこいい。亮平さんといえば、Jr.の活動を半年休んで受験勉強に専念し、一般入試で上智大に合格したという功績がある。立派である。努力の人である。見習わないと。尊敬しているので、年下だが「さん」づけしている。そのうえ理系。好きしかない。実は過去に一度、亮平さんのことをほんの少し書いたことがある。万が一興味のある方がおられましたら、探してみてください。ヒントは1年前の今頃。

 

 

 

第3位 エース鞘師さん 年内に卒業

 

12月8日の武道館公演でモーニング娘。としての単独公演は終わった。WSで観た鞘師ちゃんは清々しそうで、救われた。平日公演は地方民には厳しいので、せめてライビュには行くつもりだったのだが、よりによって研修が入って行けなくなった。くっそ、なんでよりによって…!!リアルタイムで見届けることができなかったのは悔しいが、とてもいいライブだったようだ。早く映像をフルで観たい。また、鞘師ちゃん卒業シングルのMVが全員かわいくて美しくて、ばばあは泣いた。どこを見ても美しい子しかいないんですよ。


モーニング娘。'15『ENDLESS SKY』(Morning Musume。'15[ENDLESS SKY]) (Promotion Edit)

 

卒業まであと少し、最後まで突っ走ってほしい。卒業発表時は不安だったが、今は鞘師ちゃんの未来もモーニング娘。の未来も楽しみである。

 

 

 

第2位 じゅんの なんでやめんねん

 

あえてゆるい見出しにしておく。ツッコミでもしておかないとやってられない。この件についてはもう散々書き散らしたので割愛させていただく。いまだに脱退の理由が明らかにされず、ジャニーさんまで知らないというのだから不可解なこと極まりない。3人のKAT-TUNを想像したら、やっぱりつらくなる。

 

 

 

第1位 ついに伊野尾くんの時代が到来

 

いろいろあったが、今年はこれに尽きる。今年を象徴するジャニーズはいのちゃんで間違いないかと。今までの干されっぷりを一気に挽回するかのような活躍で、1年間ずっと、コンスタントに目にした。もっと人気が出ていいはずだと思ってきたけれど、まさかここまで人気が出るとは思わなかった。彼のポテンシャルを甘く見ていた。以前「世間にいのちゃんの美しさを知らしめたい」と書いたことがあるのだが、実現してしまった。先輩にも芸能人にも見初められ、一般人にも見つかりつつある。また、絶妙なキャラクターを確立し、いろんなところで爪痕を残しまくった。爪痕どころではない。番宣でもないのにバラエティに出ていたりするのでびっくりする。非常にバラエティ向きなのは各テレビ局に知れ渡りつつあると思うので、そろそろレギュラーがくればいいな。いのちゃんのみならず、今年はJUMPが飛躍した年である。来年はもっと個人個人にスポットが当たってほしい。個人的にはゅぅゃをもっと推してほしいところ。

 

 

 

来年はどんな年になるのだろうか。想像もしないようなことが起きるかもしれない。できれば、悲しいことは起こらないでほしいが。アイドルを応援しているとつらいこともあるが、それでもやはり楽しさと幸せが勝つ。だから、応援し続けるのだろう。

今年は私個人にとってはとてもいい年だった。当ブログに関することで言うと、読んでくださる方が大幅に増えた。有名ヲタではないし、ツイッターもやっていないのに、記事を更新するごとに少しずつ読者登録してくださる方が増え、今でも信じられない気持ちである。ありがとうございます。スターやコメントもとてもうれしいです。自分の書いたものを読んでくれている人が確かにいるんだなあと実感できるので。

確認したら、去年は1年間に9回しか書いていないのに、今年は39回も書いている(笑)書く意欲が高まった年でもあったようだ。来年も好きなことを好きなように好きなときに書いていきたい。来年もよろしくお願いいたします。(とかいっておきながら、年内にまだ更新するかもしれない)

*1:封印していた曲を6月のライブで歌ったとき、本人たちはとてもうれしそうだったらしい。本当は歌いたいんじゃないか

*2:女子流の周りの大人は信用できない…