読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

Sexy松のパフォーマンスが素晴らしかった件

3/11に放送されたザ少年倶楽部で披露されたSexy松のステージが素晴らしかった。全世界の人に観てほしいと思ったほどである。

 

昨夏のガムシャラSexy夏祭りで披露されたメドレーと同じもので、少クラのスタジオ収録でも同じものがすでに披露されていたのだが、今回は場所をNHKホールに移し、より多くの方に観てもらえる環境でのパフォーマンスだった。

このメドレーは初めて披露されたときから完成度が高かったのだが、驚いたことに、今回はさらに磨きがかかって今までで一番いいパフォーマンスだった。振付はほとんど変わっていないのに、夏と比べて明らかに成長していた。それは魅せ方だと思う。一人一人の表現力が向上しており、以前よりも引き込まれた。表情も動きも、曲の世界観にマッチしていた。

 

Sexy松を見ていると、聡くんはやはり選ばれし人なのだなと思う。十分センターをはれるポテンシャルを持ち合わせていることに、改めて気づかされる。聡くんが絶対的センターとして強烈な存在感を放ち、松松が脇を固めている図が非常にしっくりくる。センターである聡くんを誇りに思っているような感じが伝わってくる。「どうだ、うちのセンターかっこいいだろ」とでも言いたげな。両サイドがしまるので、全体も引き締まり、いい緊張感が生まれる。3人組の魅せ方としてとても成功しているように思う。

 

今回は一人一人がアップで抜かれる場面も多かったのだが、汗がキラキラ輝き、さわやかで美しかった。清潔感があるので、汗さえも美しく見える。表情がよくわかったのでよかった。終始激しく踊るので、懸命な姿に心を打たれる。彼らの真剣さ、ステージにかける思いがひしひしと伝わってくる。チャンスを絶対に無駄にしないように、本気で取り組んでいることが窺われる。

 

彼らが今後どのように扱われるのかは不透明だが*1、私はSexy松が好きだと声を大にして言いたい。彼らなら信じられる。そう強く思ったので。

 

パフォーマンス前に、元太くんが中学卒業のお祝いをされていた。卒業おめでとう。やっと20時の壁を越えられるね!

*1:正直こんなに長く続くとは思っていなかった