読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

母が嵐にハマるまで

J

私も便乗してみる。

私の身近でジャニヲタになった人といえば、私の母である。

みなさんが書かれているような、いきなりジャニヲタになったケースではないが、いち50代女性がジャニヲタになるまでの軌跡を綴ってみようと思う。

 

母は現在大野担で、日々嵐から幸せをもらって生きている。日ごろはお年寄りと接することが多いので、若いエネルギーに触れることでバランスを保っているようだ。

 

母はもともとジャニーズには寛容で、特にKinKiが好きで一時期はFCにも入っていた。KinKiの曲が好きだから、一度はコンサートに行ってみたいので入会したのだという。そして、KinKiコンとエンドリケリーのライブにそれぞれ1回ずつ一緒に行った。KinKiコンはとても楽しく、さすがの歌のうまさで私も感動した。「話が長すぎるわー」*1と言いつつも、母は楽しそうであった。しかし、一度行ったことで満足したのか、あっさりFCはやめてしまった。その後もCDは買っていたが。

 

母が嵐にハマりだしたのはおそらく2010年の夏である。この頃に10周年のDVDを買ったようで、9月にはFCに入会している。「え、もう入るのかよ」と思った覚えがある。行動が素早い。入会する際に記入する「好きなタレント名」に悩んだらしく、「みんな好きやから迷うんやけどな、最近相葉くんがかわいいと思ってるから相葉くんにしようと思う」と言っていた。そして、「まさきの『き』ってどんな漢字やったっけ」と言ってきた。それくらい自分で調べろよなと思ったが、やれやれと思いつつも親切に教えてあげた。「あ、やっぱりその字やな。そうやと思っててん。じゃあ明日申し込んでくるわ」と電話が切れた。母は雅紀の漢字を聞くためだけに電話してきたのである。このやりとりがおもしろかったので、当時私はmixiの日記にこのことを書いていた。このときは相葉くんが好きだった模様。

 

実のところ、何がきっかけで嵐にハマったのかはよく知らない。普段は離れて暮らしているので、どういう過程を経てきたのか不明。ただ、本格的にハマる前から「山田太郎ものがたり」を観ており、私は諸事情でその当時まったくテレビを観ることができなかったのだが、母は逐一そのドラマの感想を報告してきていた。あれが前兆だったのかもしれない。さらにさかのぼれば、一緒に観ていた「よい子の味方」の櫻井くんをかわいいと言っていた覚えがある。伏線はあったのかもしれない。

しかし何より、テレビで目にする機会が多くなったことが主な原因だろう。親しみやすい彼らのキャラクターに次第に惹かれていったのだと思われる。嵐の番組を録画している母は、それらを消化するのが大変なようで「テレビばっかり観て、あほになりそうやわ。前はこんなにみいひんかったのに」と嘆きつつも、どこかうれしそうだった。

そして、いつからか大野くんが好きだと言い始めた。みんな好きだけど、一番は大野くんだと。歌も踊りも上手くて顔も可愛いと。ぼーっとしているからほっとけないと。松潤や翔くん、ニノはしっかりしてるから安心だけど、大野くんと相葉ちゃんはほっとけないと。母性本能をくすぐられたようである。しかし、アーティスティックな一面を持っており、そのギャップにやられると。「(堂本)剛くんや大野くんみたいに楽に上手に歌う人が好きやわ」とも言っていた。

 

母の周りには嵐を好きな人がけっこういるようで、その界隈では大野くんがダントツ人気らしい。マダムキラーといったところか。新しく仲間に引き入れた人も大野くんにハマりそうだという。おそるべし大野くん。

母にはいつも嵐関連でともに行動する人がいて*2、コンサートやイベントはもちろん、嵐メンバーが出演する映画はその方と欠かさず観に行っている。

あるとき母からメールが来た。内容はいたって普通だったのだが、文末に「大野の妻より(はあと)」と記されていた。おい、いつ妻になったんだよ。ていうか、大野くんは息子に近い年齢だろ。もうなに書いてんだよーと思いつつも、かわいいと思ってしまった。

また、私が大学生の頃に帰省すると、実家の私の部屋に勝手に嵐のポスターが貼られていた。「なに勝手に貼ってんの」と問いただすと、「空いてたから。かっこいいからええやろ」とけろっとしていた。ちなみにそのポスターは最近、自然にはがれてしまった。

母は出勤前に嵐のDVDを観る。これでテンションを上げてから家を出るそうだ。私が帰省しているときにもそのシチュエーションに出くわしたのだが、大音量で嵐の曲が聞こえてきてびっくりした。いくらなんでも音でかすぎるだろ、近所迷惑だろと思ったが、「あ、うちの隣空き家や…まあ、いいのか…」と思ってそっとしておいた。

こんな母を父はどう思っているのだろうと気になるのだが、呆れつつも受け入れてあげているようである。家中のあちこちに貼られた嵐のポスターや切り抜きに特に文句も言わず、二人でのんびり生活している。なんだかんだやさしい。

 

母は嵐のみならず、私の影響もあってかなりジャニーズに詳しい。デビュー組はほぼ網羅している。最近知ったのだが、ジャニーズWESTもほとんどのメンバーを認識していて驚いた。どこで覚えたんだ。VS嵐は観ていなかったらしいのに。あるとき「Hey!Say!JUMPのメンバー全員わかるでって言うたら、びっくりされたわ」と報告してきた。そりゃそうだ。母の同年代の人でJUMP全員がわかる人なんてどれだけいるというのか。

 

なんだか支離滅裂な文章になってしまったし軌跡にもなっていないが、とにかく母は嵐のおかげで元気に生きている。嵐効果なのかどうかはわからないが、母は同年代の人と比べても若く見える。肌もぴちぴちつるつるで、正直私より美肌である。母を健康にしてくれた嵐の皆さんには頭が上がらない。

 

最後に最近のしょうもないエピソードをひとつ。

「夢にニノがよく出てくるねん。ほんまは大野くんよりニノのほうが好きなんやろうか」という電話がかかってきた。そして私は「私も最近、夢に翔くんが出てきたわ。なんでやろな」と返した。これが50代の母と20代の娘の会話として正しいのかは知らない。

 

*1:MCが40分はあったと記憶している

*2:相方みたいなもの。その方も大野担