読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶどう石

定点観測記録

一人あたりの分量が多くなりすぎてしまったかのような美

自然の引き当てた、一種の宝くじ的な美であり、何かの配分ミスで、一人あたりの分量が多くなりすぎてしまったかのような美 これは平野啓一郎さんの『かたちだけの愛』という小説の一節である。これを読んだとき、真っ先にいのちゃんの顔が浮かんだ。「一人あ…

久しぶりにコンサートへ行ってきた

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 いやー、今年のカウコンはよかったですね!!史上最高だったのでは。グループチェンジもツーショットも修二と彰も胸熱だった。個人的には、年男の重岡くんとその親友である健人くんとのツーシ…

KAT-TUNとJUMPの合コンが最高だった件

ザ少年倶楽部プレミアムで、KAT-TUNとJUMPの先輩後輩合コンが開催された。この企画を知ったとき、私は天にも昇る心地になった。少プレのスタッフさんはやはり信頼できる。少プレはいつもツボを押さえた素晴らしい企画をしてくれる、数少ない神番組である。雑…

いのありについて

私はいのありに並々ならぬ思い入れがある。念のために記しておくと、「いのあり」とは伊野尾くんと有岡くんのコンビを指す。ジャニーズ内において1,2を争う好きなコンビ*1であり、JUMP内というかデビュー組の中で好きな人ツートップでもある。 近頃、そん…

母に有岡くんを薦めた

みなさんは夏をどうお過ごしでしょう。イベントや現場が目白押しですね。私はというと、奈良で仏像を追っかけていました。 さて、今回は下の記事の続編です。 <a href="http://moon-drop.hatenadiary.com/entry/2015/07/24/212656" data-…

母に伊野尾くんを紹介した

「お母さん、実は紹介したい人がいるんだ」 …って、ちがう。残念ながら私にはまだそんな人はいない。正直いまだに結婚したいのかしたくないのかもわからないのだが、ジャニヲタの嫁を持つ夫の話を読んで、結婚もいいかもしれないと思い始めている。話が逸れ…

そこはユートピアだった―Hey!Say!JUMPに行き着いた件

あらゆるアイドル界隈が揺れた1週間でございましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はというと、SKE48の松井玲奈ちゃん卒業とカントリー・ガールズの島村嬉唄ちゃん脱退がけっこうこたえているのですが、JUMPに癒されながら楽しく生きております… そう…

震災を経験した街で暮らして

よほどのことがない限り、ジャニーズ現場にはもう行かないだろうと思っていたのだが、そのよほどのことが起こってしまったので行ってきた。 伊野尾くんの主演舞台「カラフト伯父さん」である。 伊野尾くんの記念すべき初主演舞台ということで、これは観に行…

伊野尾くんについて2

また書くのかよ。自分でもそう思う。しかし、怒濤の伊野尾くんラッシュについて一言も言及しないわけにはいかない。 今年に入ってからというもの、幸福の洪水に飲み込まれ、溺死寸前である。舞台、ドラマ、ラジオ、サビでソロパート、web連載…こんなに幸せで…

山田くんという存在

「暗殺教室」の公開に合わせて、山田くんが多くの番組に出演していた。それらを観ていて、山田くんはいいなあと思った。 完全に個人の志向なのだが、センター、エース、一番人気と言われる人を私はあまり好きになったことがない。その隣や端っこにいる人に目…

伊野尾くんについて

ここのところ、伊野尾くんの人気が急上昇中だときく グッズの入荷数が多いらしいし、伊野尾くんに担降りしたというブログもここ最近だけでいくつか読んだ ついにいのちゃんの時代がきたか…とひとり興奮している 何を隠そう私はかれこれ9年伊野尾くんが好きだ…